隠れ家サロンの日常

elk2867.exblog.jp
ブログトップ

ハンコの自動販売機と幸せ (旦那編)

 突然、新しハンコが必要になり購入することに。
ハンコ屋さんや文房具店ではなく、
お手軽なホームセンターへ行ってみた。

 聞けばその店舗での作成期間は一週間っとのこと。
特別、早急に必要だった訳ではなかったので、
そこの店舗での購入を見送る事に。

 帰り道、僕はもっと別の大きいホームセンターに、
『ハンコの自動販売機』があることを思い出した。

 なぜなら以前、その自販機を発見した瞬間、
『作ってみたい!』って思っていたんだよね。
さっきまでスッカリ忘れていたけれど。
それ故、今回は非常にいい機会。
だって、めったに『ハンコを作る』チャンスなんてないでしょ?
もし、注文した後に自販機の事を思い出したりしたら・・・

 っで!その自販機の操作要領は『年賀状作成ソフト』っとかわらない。
書体や配置、文字の太さや文字間の幅など任意で設定、
掘りたい文字を入力すれば完了だ。
するとディスプレーに仕上がりのイメージが表示される。
もちろんイメージと言っても寸分の狂いもなくハンコは完成する。

 気になる価格帯は500円から5000円。
どうせ購入するなら最高の5000円の商品を!
っと意気込んだが、今日に限って持ち合わせがない。

・・・っと言うより、
ふんだんに金銭を持っていることなど、
あったっけ?
ん”~・・・皆無である。

 だが、選択の余地がないことは、
悪いことばかりと嘆く必要はないと思う。
ほら!悩まなくって済むじゃ~ない!

 もちろん前提として僕の辞書に『贅沢な悩み』
などという軟弱な概念は存在しない。
僕は自信をもって下から2番目の1000円のを購入した。
a0259207_05554298.jpg
 ほら~!一番安い500円のでかまわないけど、
印鑑って金銭関係に間接関連するじゃ~ない!

 これから先の金銭と、印鑑の価格の関連性など、
全く無関係な事は理解しているが、
何となく、『ツキとか運とか』スピリチュアルな部分も無視できない。

 さて、作成に要する時間は10分程度、
出来上がりには大満足。
何でかは分からないが僕は、こういったチョットした、
生活で生じるイベントが好きである。

 なんであれそんな『好き』の欠片を見逃さない事・存分に楽しむ事。
きっとこんなミニマムで小さな喜びの累積が、
最終的には何よりの幸せなんだと僕は思っている。
じゃ~またね



[PR]
by elk12-24 | 2017-07-07 10:01 | 旦那の日常 (旦那編) | Comments(0)

夫婦ではじめた理美容室。ハンドメイドが大好きで、旦那は木工、嫁は編み物やアロマをやっています。


by elk12-24