隠れ家サロンの日常

elk2867.exblog.jp
ブログトップ

『DIY』ってこんなんだっけ? (旦那編)

 前回の続き(詳しくはこちら⇒隠れ家サロンの日常 : それは徒労か?精進か?!だが
その前に、僕が持つ『DIY』のイメージを・・・

 ある日曜の午後、父は母の為に子供と一緒に本棚を作っている。
それを眺める嬉しそうな母・・・
辺りには、ホームセンターで買い揃えた大工道具と切り落としたばかりの木片が・・・
(子) 「だんだん出来てきたね!パパ!パパは何でも作れちゃうんだ!」
(父) 「そーだよ!次は、お前の椅子を作ってやるからな!」
(母) 「あらあら!お父さん!そんなこと約束して本当に大丈夫なの?」
(父) 「大丈夫だよ!とうさんが、その気になれば船だって作れちゃうんだ!」
(子) 「パパはすごいね!でも、僕はその船に絶対乗らないからね!」
(家族全員) 「ハハハハハハ!」

 ・・・さて、僕が今やっている事は何なのだろう?
少なくとも僕がイメージする『DIY』とは全く別のベクトルが作用している・・・
昨日はこんな日だった・・・

 前回の加工で材料をギリギリ幅に切り出してしまい
全くミスを出来ない状況に陥ってしまった僕は悩んでいた・・・
『続行するか?』『やり直すか?』・・・
少なくとも『悩む事によって状況が改善する事はありえない!』って事は解かっている!
しかし、今の僕は時間を浪費してでも悩んでいる
ビュリダンのロバ(左右等距離に同じ量の干草をおかれたロバは
左右に同じ強さの欲求が働く為、どちらにのも動けず飢え死んでしまう)
状態なのだ!

 以前、テレビで宮大工(神社・寺院の建設を専門とする大工)
作業工程で迷いが生まれたら「木と対話をすれば自ずと答えが出てくる」っと
言っていたので僕も実践してみた・・・
(僕) 「ねえねえ!キミは薄く切ったら曲がるの?それとも真っ直ぐのままでいてくれるの?」
(木) 「・・・・・・」
どうやら僕とは対話をしたくないらしい・・・

 「ん~?」・・・「決めた!続行!」
僕は力なく何の根拠や自信もなしにとりあえず『続行!』する事にした
どうなることやら・・・

 前回はこんな状態で終わっていた↓(まだ薄く切り落としてない為か、あばれ(ねじれ)は全く起きていなかった)
a0259207_18224553.jpg

 とりあえずバンドソー(大型ノコギリ機械)が使える大きさになるように
余分な所をそぎ落とさねば!
(バンドソーって機械はこれ→2012-02-06 17:04 | DIYの話(旦那偏))←ジャンプしません!検索お願いします

 まず、普通の電気ノコギリで網の目状に切れ目を入れノミで削り取る↓
a0259207_730850.jpg

 半分ぐらいまで進めたら別にノミを使わずハンマーで叩けば効率的かつ綺麗に取れる事に気が付いた・・・
(ハンマーから右がノミで削り取った部分で左が叩いただけで取れた部分)↓「最初っからこうすれば・・・」
a0259207_734620.jpg

 ・・・っが!右手に激痛が走る・・・↓(手に負担の掛かるハンマー作戦が悪かった!)「ノミで地道にやっていれば・・・」
a0259207_7374562.jpg

 靴擦れを経験した事が無い人は、ほとんどいないだろうから判ると思うけど
なぜこの質の痛み(我慢できないほどではないが、気にらならないほど弱くはない痛み)ほど
人のやる気を削ぐのだろう?
(小学校の頃、遠足の途中で靴擦れを起し『そのとたん』まったく楽しくなくなってしまった経験を僕はしている)
とにかく、物を持つにしても作業をするにしても傷口に触れる!
かといって、中止して帰るって訳にもいかないし
されとて、作業を続けても苦痛なだけだし・・・
(30半ばのとっつぁんが「手の皮が剥けたから止めて帰ってきちゃった!」じゃ~ちょっとね~)

 加工場に絆創膏はないのでティッシュとテープで応急措置↓
a0259207_15484076.jpg

 結局、残りはまたノミで地道に取る事に・・・
っで!ようやく終わった↓(こんなに裏目・裏目に出るなんてね・・・)
a0259207_1550590.jpg

 これでようやくバンドソーが使える大きさになった(最大の30センチ幅)
これを真っ二つに切る!
だだ、この機械は結構危険で注意しなければならない!
腕ぐらいなら簡単に『スポン』だからね!
『グワイン~グワイン~グワイン~』
順調に切り進めていたのだが・・・
『ズガガガガガガ・・!!!バギバキバキバキ・・・・!ブゥ~ゥ~ゥ~!』
回転している刃が止まり、機械から変な音が鳴った!
「んがぁ~!」
前回、説明したが杉とは違い、この木は非常に硬い
それをノコギリの刃、目いっぱいの30cm幅で切っているから
(最初っから、このやり方には無理があるのは承知だが)
さずがに、許容範囲を超えたのだろう・・・
ノコギリの刃が吹き飛んだ↓(ちなみにこの刃21.000円なり・・・トホホ・・・)008.gif
a0259207_161736.jpg

 大型の大工道具は目が飛び出るぐらい高い・・・
後に点検したら刃が吹き飛んでいる程度で本体には問題なかった!
少し安心したが、やる気は更に失せていく・・・
しかし、ここで止める訳にも行かず続ける事に・・・
機械が止まってしまった原因はこれ↓なぜが木の内部に金属片が・・・そら止まるわなぁ~
a0259207_16164776.jpg

ようやく真っ二つに切り落とした↓
a0259207_16175120.jpg

ここまでくれば作業は楽になり一気に進む
木片を一人で持てるからね
(それでも決して軽くはない!灯油を入れておく容器(20リットル)×2より重かったから40キロ以上あるかな?)
カンナで仕上げ今日は終了↓(ここまでの作業で約9時間かかった!)
a0259207_16205582.jpg

普段なら、満足なんだけど
この時は非常に陰鬱だった!
散々だったからね・・・
っで僕はいつの間にか乗っていた『こなきじじい』を背負ったまま
家へ帰った・・・
「ふぅ~!」002.gif
では
[PR]
by elk12-24 | 2012-06-05 17:58 | DIYの話   (旦那編) | Comments(0)

夫婦ではじめた理美容室。ハンドメイドが大好きで、旦那は木工、嫁は編み物やアロマをやっています。


by elk12-24