隠れ家サロンの日常

elk2867.exblog.jp
ブログトップ

夢と現実の交差点で(旦那編)

 さて、「僕はよく夢を見る」っとブログで度々書き込んだが、
その夢に対し「ふっと」一つ素朴な疑問が思いついた!
それがずっと気になっていたせいか、
「その疑問を実践する事になんと成功したのだ!」005.gif

 それは、「夢を見ている最中に僕の知らない知識もしくは新しい情報は得られるのか?」
っという眉唾物の着想!015.gif(僕は本気!正気ではないかもしれないけど・・・)

 僕が考えに考え抜き出した妙案は二つ!
A インターネットをしてみる
B 辞書を引く
当然、「僕の知らない情報を検索してみる!」
ポンコツ頭の僕には「これ以上ないうってつけの企画」だと自負できる!
なんていったってエビングハウス先生
(心理学者で忘却曲線など人間の記憶についての基本的知見を多数発見した人)でさえ
例外扱いしざるえないぐらいの高い忘却率を、僕は兼ね備えているからね!
果して上手く行くのかどうか?

 ただし問題が一つある・・・
それは、夢を見ている最中「これは夢だと認識出来るかどうか?」っという問題!
僕の場合、目覚めて初めて「あれは夢だったんだ」っと気が付くからである。

 それにしても、大半の人はどうやら夢は白黒で見るらしい・・・
僕の数少ないサンプル調査の対象者(つまり嫁)に聴いたところ、
やはり、「ほぼ白黒で、カラーで見る事は数少ない!」っとの事!
この情報を知った時、僕は白黒で夢を見たことが無い為、(つまり全部カラー)「驚き!」だった!
もし、白黒で夢を見れるなら、はっきりと「これは夢だ!」っと認識できるでしょ?
目覚めている人が実際に「白黒で景色を見る」なんて無い訳だから・・・
結論として僕は、夢と現実の認識を峻別する事が困難な体質(思考?)らしい・・・

 「さー下調べは完了した!」多少の困難性は残ったにせよ、
「履行あるのみ」っである・・・

 それからしばらく夢らしい夢は見なかった!
または見たけど夢の中で上記の実験を思い出せなかった!
ところがそんなある日
とうとう夢の中で「これは夢の中だ!」っと認識に成功した。
(何でそれが出来たかは説明できないけど・・・)
早速、僕はインターネットをしてみた・・・
次に辞書を引いてみた・・・
その結果は・・・

「びっ微妙・・・!」

 朝、目覚めるとネットをした記憶そして、辞書を引いた記憶は残っているのだが、
そこにどんな内容が在ったかは記憶がない!
今、思い出しても、やっぱりネットや辞書を引いている自分の姿は思い出せるのだが、
その内容は、モザイクがかかったようで、何一つ記憶に残っていない!
「んー!?」な結果でした!008.gif
(ここまで根気強く付き合って読んでくれた人の方がもっと「なーんだ!」だよね!すんません!)002.gif
では
[PR]
by elk12-24 | 2012-05-17 10:59 | 夢の話    (旦那編) | Comments(0)

夫婦ではじめた理美容室。ハンドメイドが大好きで、旦那は木工、嫁は編み物やアロマをやっています。


by elk12-24