隠れ家サロンの日常

elk2867.exblog.jp
ブログトップ
           ご閲覧ありがとうございます!
最新UPは↓下にあります!
    (お手数ですが↓へ、スクロールお願いします)

※予約投函の記事もありますので、カレンダーに投函マークがあっても、
本日より先の記事は閲覧できません。こめんなさい。
(管理人)  ヘアーサロン エルク
このブログは、嫁と僕の2人で書き込んでいますので、
『カテゴリー別』で、ごらんになると分かりやすいと思います。

a0259207_1193072.jpg




2007.12.24 夫婦で理美容店をオープンしました。
9年目になります。
住宅街でもあり、田んぼもあって「えっ、こんなところに?」と、
いうような場所に、エルクはあります。
とても静かな場所なので、お客様がリラックスできて、
思わず居眠りしてしまうようなサロン作りを心がけています。
よろしかったら遊びにきてくださいね!

理容担当 旦那
出身地  岩手県遠野市
性別   男
誕生日  1975.8月
性格   接客業を生業としているにもかかわらず「口下手」がひそかな悩み。
     『ゆる~く』生きてます。
経歴   地元の専門学校を卒業後、東京の理容室で5年・仙台の美容室で6年
      その後、自店「エルク」を始めました。
資格   理容師免許 美容師免許 管理理容師 大型トラック・牽引免許まで持っています。


美容担当  嫁
出身地   宮城県利府町
性別    女
誕生日   1972.7月
性格    旦那様とは違いよくしゃべる。しゃべりすぎてたまに酸欠になる。
経歴    埼玉で4年 地元で5年経験し自身のサロンを6年経営
      結婚と同時に旦那様とサロンを開店、現在に至る。
資格    美容師免許 管理美容師
      アロマコーディネーター(JAA日本アロマコーディネーター協会認定)

[PR]
# by elk12-24 | 2017-12-30 22:24 | 自己紹介 | Comments(0)

10年経つと (旦那編)

 『もう10年か・・・ 否!まだ10年か!』
皆さまのおかげで、この地での生業が約10年になる。
本当に感謝・感謝な次第です。
それにしても色々な事があったな~

 その思い出には全く出てこないが、その間に確実に変化していた床の蓋↓
a0259207_14532843.jpg

 実は裏側が10年でここまで劣化↓
a0259207_14572707.jpg
 補強材の鉄もボロボロ↓
a0259207_14581887.jpg
 上に乗るとユッパユッパしていたから腐食は分かっていたんだけど、
例のごとく、修理は後回しにしていた。
っで!はいっ!↓完成~
a0259207_14593993.jpg
 ヒノキで補修しました。
原因は結露による腐食だったので、
カビに弱いべニア材はやめヒノキ仕様に。
この先10年は耐久維持してくれると思う。

 っということで10年経過したら、
どうなったか報告いたします。
それと同時に10年後、自分がどうなってるのか少し楽しみ。
齢、52歳になっております。
イメージ的には『爺さまの入り口?』ぐらいに思っております。
では!


[PR]
# by elk12-24 | 2017-08-11 07:48 | DIYの話   (旦那編) | Comments(0)
『う”おぅぷ!なに?』・ヾ(。 ̄□ ̄)ツ 
『ナンなんだ?このおばさん!』(;゜0゜)

 それは突然の出来事。
人はビックリしすぎると『動けない』は、本当っぽい!
その瞬間、見事に硬直しましたから・・・

 何が起こったか説明すると、
本を眺めていたら本棚と僕との間、
約30センチぐらいの隙間に、
スルりっ!と、そのおばさんが突然滑り込んできた。
つまり僕の視界が瞬時に本棚から、
おばさんの後頭部変わったのだ。

『えっ!ナニナニ?』
∑(0д0)カチンコチン! 

 ・・・傍から見れば、すごく異様な光景だっただろう。
満員電車の車中なら不自然ではないが、
ガラガラの書店内で40のおっさんと、
60ぐらいのおばさんが異常に密接している!

 もし、僕がキムタクなら、
「俺じゃ~ダメか?」っと『あすなろ抱き』でもすれば、
事は収拾へ向かったのかもしれないが、
いかんせん、僕とそのおばさんは思いを寄せた関係ではなく、
他人!(;゜0゜)

 今まで結構な時間を本屋で過ごしてきたが、
こんな経験をしたのは初めてだ。
本屋好きの皆さんも、こんな経験はないでしょ?

 『割り込まれた!』ってレベルではない。
『悪意があって!』って感じでもない!
まさに『ん”~?何これ?』っな出来事。

 ちなみにそのおばさん、その後も黙々と本を物色してた。
本の魅力って本当にスゴイよね!
このぐらい周囲が見えなくなるんだから。
・・・っとしか理解できない。

 そして僕は獲物にありつけなかったハイエナのように、
その本屋を後にするしかなかった・・・
気分がスッカリ萎えちゃって~

これが最近、僕が体験した本屋での出来事だ。
じゃ~またね!

[PR]
# by elk12-24 | 2017-07-28 19:48 | 旦那の日常 (旦那編) | Comments(0)

おとといの晩(嫁です)

昨日、操作ミスで出来上がったブログがすべてなくなりました。
今日こそは。。。

おとといの夜9時頃地震がありました。
それほど大きな揺れではなかったのですが
久しぶりにカメキチがオカメパニックに。

オカメパニックとはオカメインコが大きな音や地震に驚きパニック状態になりケージの中で暴れたり放鳥中であれば
 壁にぶつかったりなどの問題行動です。思い切りぶつかるので骨折してしまう子もいるそうです。
 性格がとても臆病。

すぐに電気をつけて声をかけ落ち着かせてから
大丈夫と判断しその日は寝ました。
次の日、行ってみると、
a0259207_15042487.jpg



a0259207_15051757.jpg

足の上の羽根の所に血が少し見えます。
結構飛び散っていました。
かわいそうに。
分かりやすい写真がなかなか難しくて撮れませんでした。すみません。

グレちゃんは






a0259207_15030696.jpg

はい、大丈夫。

口笛を吹いたらこのポーズが出たのでカメキチも大丈夫。




a0259207_15132796.jpg
オカメパニック、怖いです。

[PR]
# by elk12-24 | 2017-07-27 11:09 | 本日のカメキチとグレ | Comments(0)
 僕は本屋にて無事、目的の本を発見。
この喜びも中々のレベルだが、
残る楽しみは未知の本を発掘すること。
これが僕の本屋における至上の快味だ。

 むしろ目的の本を見つける事よりも、
こちら側の方にウエイトがあると言っても過言ではない。

 そんな事情があり僕は、
新たな本のと邂逅を求め吟味していた。
要するに本屋をウロウロしていたってことネ。

 僕にとって本屋は特別な場所。
なぜなら様々な世界観が整然と、
そして連綿と広がっている深い冒険フィールドだから。

 実際、その冒険フィールドからお宝情報を得た場合、
その後、自身の行動にそれが深く影響するのは事実な訳だし。

 つまるところ僕が考える、本屋に訪れる人々とは、
その世界観の探求、あるいは出会いと広がりに対峙しに来ている!
っと思える。
たとえそれが、哲学や神学などの限定されたジャンルではなく、
漫画、Hな本だとしてもだ!

 なぜなら価値観は人それぞれで、
その人なりに譲れない信念を持っているケースが多いと思う。
それを無視、あるいは非常識などと否定すると、
諍いになるのは自明だからね。

 さて、前述と少し内容がかぶるけど、
本屋に居る人たちは、二通りに分かれると思う。
『目的の本だけ』を求める人と、
『新たな世界観の発見』を本に求める人。

 それと忘れてはいけないのが店員さんの存在だ。
優秀な店員さんは、お客の世界観探索の邪魔を決してしない。
どんなに自分の仕事の邪魔になろうと、
お客との間合いの取り方が非常にうまいのだ。

 さりげなく、そして素早く音もたてずに、
その任務を完了させる。
その動きは、さながら優秀なスパイに比肩する。

 それ故、僕は本屋の店員さんを非常に尊敬しているので、
その仕事の邪魔をしないよう非常に留意しているのだ。

 まあ、なんか店員さんの邪魔になっていそうだったら、
『その場から少し動く』って事だけなんだけど。

 っで!その後、軽く店員さんに会釈をしてもらうと、
『おぬし!なかなか出来ておるの~』っと認めてもらえた感じがする。
このノンバーバルコミュニケーションが僕はたまらなく好きなのだ。

 そんなうつつを抜かし書店内をさまよっていたら!
「ぬぅ!わっ!」(゚Д゚)!
続きはまたね!

じゃ~またね。ヽ( ´ー`)ノ


[PR]
# by elk12-24 | 2017-07-21 19:31 | 旦那の日常 (旦那編) | Comments(0)

夫婦ではじめた理美容室。ハンドメイドが大好きで、旦那は木工、嫁は編み物やアロマをやっています。


by elk12-24